2011年03月21日

裏設定的な何か

前記事でも書きましたけど、
この動画には裏設定というか、緒を同じくする別の表現形態があったりします。
客観的にいえば、小説ということになるのでしょうか。
SS(ショートストーリー)と言いたいところですけど、250kBを「SS」と言って良いものかどうか。。。

もともと、絵師様にイラストをお願いするにあたって背景設定を説明しないとならなかったのですが、いろいろごちゃごちゃいうよりも書いちゃった方が早い、ということで書き出したものの、いろいろ盛り込んだらこうなったというところです。
興味がある方がどの程度いらっしゃるか分かりませんけど、取りあえず公開してみることにします。

あ、注意点ですが、
断っておくとこれは、アイマス要素が全くありません。完全に「東方Project二次創作」になってます。
なので、東方クラスタの方以外は読んでも面白くないと思います。予めご了承下さい。
もちろん「二次創作」ですから、東方クラスタの方には寛大に受け止めて頂けると助かります。

■紅霧前夜譚 〜Crimson Glory
 ・その1(-2章(前):56kB)
 ・その2(-2章(後):52kB)
 ・その3(-1章:79kB)
 ・その4(0章、1章:48kB)
 ・その5(後書き:3.5kB)

 ・その1〜5(TEXT形式、ZIP)

どういう形式の公開がいいのか分からないので、ほとんど未加工のテキストのままです。
このままでは読みにくいとは思いますがご了承を。
(縦書きPDFにしてみたけど、個人的にはなんとなくイマイチだった)
お好きなビュアで読んでもらえると助かります。

以下、かいつまんで。

芸のないタイトルからもお分かりかと思いますが、
これは、「東方紅魔郷」ゲーム本編が始まる前日のお話です。
とはいえ文章の大半は、過去の回想になります。

咲夜が初めてレミリアに会ったとき、そして、レミリアが幻想郷に来たとき。
レミリアの持つ「運命を操る程度の能力」により、咲夜は、幻想郷は、どう運命が変わったのか。
その運命は、誰が、何のために望んだのか。
そしてレミリアは、何のために幻想郷に来たのか。

この辺りを起点に妄想しまくった結果がこれになります。


・・・で、
正直言うと、たかだか6分半の動画を作るためにここまで設定詰める必要って全くないんですよね。
ただ、TiltPの動画にはたいてい、(小説の形態にはしていないものの)裏設定というか裏ストーリィがあります。
緋色月下は、フラン(美希)が幽閉から解放される話。
Phantasm Brigadeは、紫(あずさ)が式神(千早、やよい)を呼んで花見をする話。
嘘字幕系動画は言うまでもありません。特にアイドルコンバットシリーズは、ZEROにおいては全ミッション分と、そこから5〜X〜3と続く一連のあらすじ設定があったり。まあ世に出すつもりは全くないですけど。

そういう設定、というか「流れ」を決めることで、演出を考えるのが楽になります。
いわゆる「ストーリー系PV」というジャンルもあるようですけど、それほどでなくとも、場面や演出、ダンス選びに統一感が生まれてくるんではないでしょうか。
posted by TiltP at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速拝読させて頂きました。
以下、感想です。

読み始めは申し訳ないですが咲夜嬢に、最近のシリアスSSに出てくる嬢に慣れているせいか違和感のようなものを感じました。
しかし、元動画を思い出して千早嬢が演じているという脳内設定を加えると(ついでにレミリア嬢を春香嬢へ)途端に違和感さんがお仕事しなくなる程にマッチしてしまって、これぞ東方M@STERなのだなと妙なところに感じ入ったり。
それに、端々の会話や間の崩しなどが原作の雰囲気を思い起こされて思わず唸ったりも。
あと、やっぱりアイマスのプロデューサーさんは違うなぁ思ったのが、舞台や特に衣装の描写です。細か過ぎず雑把過ぎず、程よい文量でどんな衣装を身にまとっているのかがとても分かり易かったです。特にレミリア嬢の衣装などは要所要所で出てくるので、画面情景がより華やいで見えました。
ただちょっと読みづらいところもあったり……読点がちょっと多いかなぁ、と。終盤に進むにつれどんどん少なくなってきましたが。
逆に言えば、その点と最初感じてしまっていたキャラのズレ位しか読み辛い点はありませんでした。

それにしても6分の動画に200kb超の文量は凄い!
読む前の予習に1回、読んだ後に1回、改めて動画の方を拝見いたしましたが、受ける印象が結構変わりました(変わったというよりは色々付加されたという感じですけれども)。
それだからこそ、緋色月下や他の動画の裏設定も読んでみたいなぁとか思ったり(チラッチラッ
Posted by euclid at 2011年03月21日 20:01
euclidさま:
感想ありがとうございます! こんな長文を読んで貰って、ありがたいやら申し訳ないやら。いろいろと褒めてもらって勿体ない限りです。
衣装等の見た目の描写に力をいれてしまうのは、映像屋の末席にいるものの意地とでもいいましょうかw とはいえ、読み手に既に原作という「絵」の認識があるので、それに助けられてはいますね。
ともかく、原作の雰囲気を(そんなには)壊さずに済んだようで何よりでした。

キャラの性格付けに対する違和感は、こちらがほとんど東方二次創作を追っていないせいだと思います。申し訳ないです。
でも、「千早が演じている」と設定付けることで違和感が無くなったというのは面白いですね。書いてる時点でそういうつもりは全くなかったので、恐らく最初から、無意識のうちに、765プロというフィルタを通して幻想郷を見ていたのだろうと思います。いや興味深い。
読点についてのご指摘もありがとうございます。小説を書くのも久しぶりで……というのは言い訳にしかなりませんね。精進したいと思います。

あと、他の動画の設定については、日の目を見ることは無いと思います。。。w
公開できるほどに固まったものでは無いので。
でもこういう文章は、書いていて楽しかったのは確かです。機会があればまたやってみたいですね。
Posted by TiltP at 2011年03月22日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。